NO DQ,NO LIFE

ドラクエネタバレ日記。ドラクエがなければ生きていけない!

DQ11冒険誌 2017/08/18

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/18 21:20現在の記録

f:id:hukusyu:20170818230116j:plain

Lv    … 57→80
プレイ時間… 90:43



シルビアのパパに言われたデルカダール神殿の試練に行ってみる。

f:id:hukusyu:20170818230022j:plain

これはDQ6でしたっけ?元ネタは…。

接触するといきなり戦闘…ということはなく、事前に「グレイグとシルビアの連携技の大まじん斬りで2体とも倒さないと、試練クリアしたことになんないよ?それでも戦う?本当に?」と聞いてくれる親切設計w

まじん斬りはまだ使えなかったので、どちらかのスキルがまだ足りないのでしょう。
「なら、やめとくー!」って踵を返しましたw

f:id:hukusyu:20170818230023j:plain

メダ女のクイズクエスト、クリア~\(^o^)/
2問目を正解したらOKらしい。
クイズの答えを考えるよりも、鍛冶の素材を集める方が大変だったわ(-_-;)

f:id:hukusyu:20170818230024j:plain

そして、セーニャの能力解放クエストのここへ…。


f:id:hukusyu:20170818230025j:plain

かわいらしい色合いしてますが、


f:id:hukusyu:20170818230026j:plain

とーーーんでもないwww
何なのこれはwww
どうやって勝てというの?w

いいっす、これも後回しにします。


古戦場で2個目のオリハルコンが手に入ったので、

f:id:hukusyu:20170818230027j:plain

DQ3ジパングネタを思い出すここへw

王者の剣が完成したらここの道具屋で売ってくれるらしい。
とりあえず高値で売りつけて、完成を待ちます(・∀・)


そして、デルカダールの王様に話しかけるとマルティナの装備がもらえるらしい…との噂を聞きつけて。

f:id:hukusyu:20170818230028j:plain

帰ろうとすると、「…待ってくれ。」と王に呼び止められる。


f:id:hukusyu:20170818230029j:plain

f:id:hukusyu:20170818230030j:plain

16年分の後悔を娘に打ち明ける父。


f:id:hukusyu:20170818230031j:plain

f:id:hukusyu:20170818230032j:plain

マルティナ「…つらいこともたくさんありました。」
「けれど、その日々の果てにかけがえのない大切なものを見つけたのです。」

f:id:hukusyu:20170818230033j:plain


デルカダール王「…マルティナよ…強くなったな。」

f:id:hukusyu:20170818230034j:plain

亡きマルティナの母の物だという黄金のティアラ。

…装備させてみたら、今の装備より弱かった…('A`)
鍛冶で+3まで鍛えたら、強くなるんでしょうかね?
まだ打ち直していません。優先させたい鍛冶が他にたくさんあるので…(^^;


どこのボスもやたら強くて歯が立たないので、ネルセンの試練で戦いながらレベル上げをすることに。

f:id:hukusyu:20170818230035j:plain

お!!
ホムラのヤヤク様から依頼を受けていた、ラーのしずくを発見\(^o^)/
後ろからすごい勢いで鳳凰が襲ってきていますがwww


ネルセンの迷宮、道士の試練の最奥にたどり着くと、

f:id:hukusyu:20170818230036j:plain

f:id:hukusyu:20170818230037j:plain

ネルセンさんは邪神ニズゼルファを天空に封印した後、荒廃した世界の復興のためにバンデルフォン王国を建てたんだそうな。


f:id:hukusyu:20170818230038j:plain

グレイグさんは、バンデルフォンの出身ですからね。
きっと、ネルセンの子孫なんじゃないのかな?

f:id:hukusyu:20170818230039j:plain

ロウが尋ねると、

死の間際、いつか訪れるかもしれない邪神復活の日に備え、神の民と共にこの迷宮を建設し、強力な武具を隠した。
邪神と戦う勇者が現れた時その力になるため、魂だけの存在となってお前たちを待っていた。

ということだそうなんですが…

でも、それをわざわざ迷宮にする必要はあったのか??
(まあそこは、ドラクエ世界のお約束だからな…(;^ω^)


ネルセン「この迷宮はそれ自体が勇者を試す試練。よくぞ乗り越えた。褒美に願いをひとつだけかなえてやろう。」

f:id:hukusyu:20170818230040j:plain

おおっとーーーΣ(・ω・ノ)ノ


f:id:hukusyu:20170818230041j:plain

いつぞやの六軍王が強くなった感じのボスが出てきます。
攻撃が激しくて、全然ダメだった(>_<)
バフ撒く暇もなく回復に追われ、気付けば…全…め…t…('A`)

だめだ。
もっと強くならないと(>_<)

レベル上げは後にします。


手に入れたばかりのラーのしずくをお届けに。

ヤヤク様がやたの鏡にしずくを垂らすと…

f:id:hukusyu:20170818230042j:plain

f:id:hukusyu:20170818230043j:plain

f:id:hukusyu:20170818230044j:plain

息子・ハリマ復活。

良かったねぇ、お母ちゃん…(ノД`)・゜・。

改めて礼をさせてくれ、ホムラの社で待っているぞ。
ということで、足を運びます。


そういえば…王者の剣はどうなった?

f:id:hukusyu:20170818230045j:plain

お!
出来ているようです!

f:id:hukusyu:20170818230046j:plain

なんだこら('A`)
弱ぇえええええええ(´Д`;)

ボツ!


ヤヤクのところへ行くと、

f:id:hukusyu:20170818230047j:plain

鍛冶場への鍵が手に入りました。
真・勇者のつるぎがある今、これから何を鍛えると言うのだろう…。

f:id:hukusyu:20170818230048j:plain

行ってみても、この通り。

きっと、もっと強い最強の剣が登場するのでしょう。
それまでお預け。


クレイモランで依頼を受けていた、聖獣ムンババが復活した!という件。

f:id:hukusyu:20170818230049j:plain

ミナデイン覚えてないからなぁ…と思っていたのだが、デイン系だったらどの呪文でもいいらしい!との噂を聞きつけて。
ショコタンがデイン(デイン系の中で最弱のやつw)を覚えたので、挑んでみました。


こいつがもう、マジで強いのなんのって(>_<)
もう、何回全滅したか分からない(>_<)
運良く勝てたとしても、とどめをデインで刺さないとすぐ復活しちゃうしね…('A`)

マヌーサラリホーが効くっていう話を聞いて、その2つに頼りながら何度か挑戦したんですが。
それでも、1ターンにつき3回攻撃は鬼すぎない!?
しかも眠り攻撃とかさぁ。バイキルトとかさ!(゚Д゚)


8人のうち半分はもう死んでしまい、それでも赤色まではムンババのHPを削れたのだが、4人パーティ中半分は眠りやら死亡やらで動けず、次のムンババの行動で殺されて全滅かなこれは?という状態で。
ええいもうやけくそだ!とデインを撃ったら、なんと、倒せてしまいましたw
ラッキー\(^o^)/
ももう二度と戦いたくない相手…w

f:id:hukusyu:20170818230052j:plain

聖なる雷のチカラを吸収し、邪から聖獣へと生まれ変わったムンババさん。

ホメロスに滅ぼされ壊滅したイシの村の復興で、「マスコットキャラクターを連れてきてねー」とエマから頼まれていたので、ムンババさんに行ってもらうことに。

f:id:hukusyu:20170818230053j:plain

故郷も無事に復興完了。
エガッタエガッタ(∩´∀`)∩


ドゥルダの試練にも挑戦してきました。

f:id:hukusyu:20170818230050j:plain

弐の試練の第二段階までクリアしました。
もう少し強くなったらまた来てみます~。

f:id:hukusyu:20170818230051j:plain

思い付きでサマディーのウマレースに参加してみたり。
いろいろ寄り道もしながら。


クレイモランの魔女・リーズレットから言われていた、「魔竜のたましいを持って来たら鍛冶の素材に変えてあげるわよ」っていう件。
魔竜のたましいは、ギガデーモンを倒すと落とすらしいんですが…
これがまた、なかなか落ちない!(>_<)
ぜーーーんぜんまったく落ちない('A`)
ホント、何匹退治したか分からないくらい倒した…(´Д`;)
「え、これホントにギガデーモンで合ってるよね?場所違ってたりする?」と思って、リーズレットのところへ何度も確認しに戻ったくらいw

f:id:hukusyu:20170818230054j:plain

初のドロップ。
でも持って行ってみると、「また拾えたら持っておいで、何度でも変えてあげるから」みたいな感じだったんで、あらそうなの、今々必要なアイテムって訳じゃないのね…ということで。
せっかく頑張ってゲットしたのに…(´ー`;)


クレイモランのもう1つの依頼、泉に封じ込められていたネドラが復活しちゃったよっていう件。

f:id:hukusyu:20170818230055j:plain

こいつもクソ強いんですよ(>_<)
もう行く先々、馬鹿なんじゃないのこれは(#゚Д゚)!と怒りたくなるほど鬼強いw
こいつも、何度全滅したか分からない(>_<)

f:id:hukusyu:20170818230056j:plain

なんだかもう、強い奴らばっかりでウンザリしてきたんでw、カジノでしばし遊んで現実逃避( `ー´)ノ


f:id:hukusyu:20170818230057j:plain

白の入り江のマーマンたち。
こいつらも、マヒャド連発で死人が出まくり(>_<)

こんな状態になりながら何度か挑戦の末、辛くも勝利('A`)

f:id:hukusyu:20170818230058j:plain

こんだけ苦労して、報酬がカミュの装備か…('A`)
うーーーむ…(´・ω・`)


しばしレベル上げを。
ヒノノギ火山に出るメタルハンドっていう、マドハンドのメタル化したモンスターが経験値をたくさん持っているということで、メタル狩りしました。
こういう時にしか出番のない、万年二軍のカミュさん…(´ー`;)

f:id:hukusyu:20170818230118j:plain

未だ一度も成功したことのない連携技・スペクタクルショー。
今戦っているモンスターが、成功するとメタル系の敵に変わるらしい。
失敗するとメタルハンター等の敵に変わります。


戦うのにも飽きて、再びカジノへ。
マジスロでは全然貯まらず、1コインスロットに変えたらメタルチェンジ(スロットの目がメタルに変わって倍率が上がる)のおかげでコインを少し増やせたので、いい台のヨカーン(・∀・)につられ、居座り続けてしばし回すと…

f:id:hukusyu:20170818230119j:plain

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
初・ジャックポット
20万枚!うはうはー\(^o^)/

これで少しは元手が出来たんで、時間のあるときにでもまた挑戦しよう。


クレイモラン地方では、カミュの妹・マヤを助けるお話が再び。

f:id:hukusyu:20170818230059j:plain

f:id:hukusyu:20170818230100j:plain

f:id:hukusyu:20170818230101j:plain

ボス戦は特になく、カミュの打明け話を聞いたショコタンが、勇者のつるぎをかざして勇者パワー発動!
呪いのネックレス外れる!
マヤの黄金化解除!
という感じの展開です。
テキストを追ってムービー見るだけ。


なんだかなぁ…(´-`).。oO
勇者パワーがこれだけ万能すぎるのも、どうなんだろうね…(-_-;)

勇者ってのは勇気がある者のことで、単なる超人ではないと思うのですよね。
ここまで人智を超えた力を手にしてしまうと、それはもはや「勇気のある人」ではなく、ただの超能力者・スーパーマンなだけなのではw

勇者とは何だろう?
をテーマに作られたらしい今作なのですが。
あまりね…人間離れして、神懸かった全知全能の存在にしてしまうとさw
なんだかねぇって思いますよ、懐古なワタクシとしては(^^;

f:id:hukusyu:20170818230102j:plain

これは…どこで入手したんだったかな?
忘れてしまいましたが、ベロニカ専用装備でDQ9のサンディのコスプレが出来る装備がありましたw
うーん、あんまり好みじゃないなw
サンディは嫌いじゃないんだけどね。ベロニカたんには似合っていない気が(^^;


ネルセンの迷宮・ウラノスの間での試練に再挑戦。

25手以内での勝利が条件だったかな?
最初は26手かかってしまいましたが、次の挑戦では21手で無事クリア(∩´∀`)∩

f:id:hukusyu:20170818230103j:plain

残りのお願い事は何なんですかwww
エッチな本とか、結婚とか髪型とかw

何度か来いってことですね、これは。

f:id:hukusyu:20170818230104j:plain

道士の試練をクリア出来たので、より強い賢者の試練に挑めるように。


f:id:hukusyu:20170818230105j:plain

ヒノノギ火山で倒しまくったメタルハンドの、さらに経験値が多い「強」が出ます!
ここで手を倒すだけでかなりレベルが上がりました(∩´∀`)∩

セニカの間でのネルセンの最終試練は、こいつ。

f:id:hukusyu:20170818230106j:plain

さっきのウラノスの間での試練の方が苦戦したんですが…。
こちらは初見で28手、あっさりクリア。


勇者の試練が解放され、そのダンジョンの中でより強い装備が手に入りました(^^♪

f:id:hukusyu:20170818230107j:plain

f:id:hukusyu:20170818230108j:plain

f:id:hukusyu:20170818230109j:plain

セット装備の見た目。
グレイグさんは、ネルセンと同じ見た目になるわけですね。

そしてこの「勇者の試練」のダンジョン、メタルキング・強が出るんですよね!
1匹倒すだけで、経験値が16万!Σ(゚Д゚)
モンスター図鑑を埋めようと思って出る敵・出る敵当たっていたら、そこそこの確率でメタキンがお供にくっついてくるので、2時間ほどでレベルが一気に10くらい上がっちゃいました\(^o^)/
Lv.50台後半→70台へ。

これはおいしい…。


ローシュの間での試練は、初見72手…('A`)
40手以内でクリアしなきゃなのに…(-_-;)
これは厳しい戦いになりそう…。


そして…

さっきホムラで入手した王者の剣は、新しい勇者のつるぎの素材になるようなんですね。
「どうやって最強剣作るんだろー?」と鍛冶レシピを見ていて気付きました…。

しかも、

f:id:hukusyu:20170818230110j:plain

ウマレースの賞品でもらえるガイアのハンマーがないと、勇者のつるぎを鍛えられないということが分かったので…(>_<)
嫌々ながらも、ウマレースに参戦(>_<)


もうこれ最低(>_<)
難しすぎるんだけど…!

何度挑戦しても、2位にしか入れず…
シルバー杯ですら、30回?いや、50回以上??
もうアホみたいに何度も挑戦して、やっと1位(>_<)

f:id:hukusyu:20170818230111j:plain

でも最終目標はここじゃない…('A`)
ガイアのハンマーがもらえるプラチナ杯で優勝しないと…(-_-;)

ゴールド杯ではなんとか優勝できたのですが…。
未だに、プラチナ杯で勝利できていません(-_-;)
スティック押す指にも力が入りすぎて、親指が痛くなってきて、嫌気も差してきたので今日はやめました(。-`ω-)
もうやだーウマレース。やりたくなーい('A`)
誰か代わりにやってほしい…( ̄д ̄;)


レベルもかなり上がって、グレイグとシルビアの連携技「大まじん斬り」を会得したので、デルカダール神殿の試練に。

f:id:hukusyu:20170818230112j:plain

2度挑戦しました('A`)
まじん斬りで2体とも倒さないと、ダメなのよね。
しかも、まじん斬りだから確率によっては失敗することもあるという…(´・ω・`)

f:id:hukusyu:20170818230113j:plain

無事倒せるとシルビアのパパが駆け付けて、シルビアとグレイグのスキルパネル解放&連携技「師匠呼び」を授けてくれます。


再びネルセンの迷宮・ローシュの間の試練に挑戦。

f:id:hukusyu:20170818230114j:plain

倒す順番を変えたら行けました(∩´∀`)∩
キラゴルドを先に倒す方が良いみたいですね。HPが少ない方から片付けると。

f:id:hukusyu:20170818230115j:plain

どの願いも、別にそんな叶えてほしくはないのですがw

とりあえず上から順番でエッチな本にしたら、ロウが読んでいたあの雑誌がもらえましたw

f:id:hukusyu:20170818230120j:plain

装備品(アクセサリー)らしいけど…なんでw
そして装備可能なキャラが、ユグノア家系だけってw
なぜ!!なんでグレイグさんは装備できないんだ!?
この本についてあんなに詳しかったのに!(;゚Д゚)


レベルも80近くになりましたが、まだまだやり残していることがたくさんあります(>_<)
邪神を倒すのはまだ先…それらが全部片付いてからだ…っ!( `ー´)ノ

続く。



最終ステータス

f:id:hukusyu:20170818230117j:plain

DQ11冒険誌 2017/08/15

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/15 16:35現在の記録

f:id:hukusyu:20170815163847j:plain

Lv    … 51→57
プレイ時間… 70:18
移動   … ドゥルダ郷 →ダーハルーネ →神の民の里 →忘れられた塔 →バンデルフォン地方 →ネルセンの試練 →プチャラオ村 →壁画世界 →クレイモラン古代図書館 →ヒノノギ火山 →グロッタの町 →ナギムナー村 →白の入り江 →イシの村 →ソルティコ →海底王国 →ユグノア城跡 →プチャラオ村 →壁画世界



忘れられた塔へ行く前に、少し寄り道。


ダーハルーネにルーラすると、降り立った瞬間から戦闘の曲がw
おい、なんだこりゃ。イベント始まるか?

…と町中へ移動すると(ダーハルーネはルーラ地点から町の入口まで、少し長い通路がある)モンスターたちがうろついている。
こいつらを全部倒しておくれよ!とかいうことらしい。


なる。
了解でございやす~!


…(意外と強い)

…(しかも数も多い)


全部倒すと、

f:id:hukusyu:20170815163732j:plain

f:id:hukusyu:20170815163733j:plain

ライトニングソードという剣がもらえました。
ほしくずのつるぎより強かったんで、左手剣をこちらに変えました。

そういやぁ勇者のつるぎは、クリア後世界で過去に戻り大樹の魂から手に入れることで、「勇者のつるぎ・真」になりますよ(∩´∀`)∩


町長さんが「ルパス(以前、ホムラで助けた情報屋)がいるから会って行け」と言うので、酒場とか探しまくったんですけど、まったく姿が見当たらず。
町の入口の方に向かうと、建物の中でもなんでもなく普通に道の真ん中に突っ立ってたw

f:id:hukusyu:20170815163734j:plain

アイテムも情報も何もくれなかったけど、依頼があれば助けてくれるそうです。
きっと後々、何かを頼むことになるのでしょう。


次の寄り道。
船で降りられる島で、モンスター乗り物がうろついているところがあるんですよね。

f:id:hukusyu:20170815163736j:plain

f:id:hukusyu:20170815163737j:plain

こうやって上昇していくと…


f:id:hukusyu:20170815163738j:plain

マップに、陸続きになっていない離島が3つありますが。


f:id:hukusyu:20170815163739j:plain

そこに、こうして行くことができる!
宝箱とかあったりする!\(^o^)/
よく探すとボウガンのマトとか、クエストで依頼された目的地とか。
良い素材が拾えるキラキラとか。
色々とお宝が眠っていて、楽しい(´ω`*)

f:id:hukusyu:20170815163740j:plain

帰り道は高度からスーッと滑空。
これまた気持ちが良い!!


神の民の里へ。

f:id:hukusyu:20170815163735j:plain

もしやと思っておったが、やはりそういうことじゃったか…。
と長老。

ウラノスはロトゼタシア随一の魔力を誇る天才であったが、あやつの心の中には確かに危ういものがあったからのう…。」

「おのれの魔力を高めることだけに執着し…そのためには手段を選ばぬ。そんな男であった…。」

それはそうと、おぬしらセニカに会いに行くんじゃろう?
ならば、これを持って行くがいい。

と長老から渡されたのは、神秘の歯車。
これで、忘れられた塔に再び入れるように。


忘れられた塔へ。

セーニャ「あなたがセニカ様なのですね…。」

f:id:hukusyu:20170815163741j:plain

昔の記憶を失っているセニカ=時の番人。


ベロニカ「邪神が目覚めてしまったの。世界を救うためにチカラを貸して。」

時の番人「せかいをすくう…?」

f:id:hukusyu:20170815163742j:plain


時の番人「ああ…。このふえは…。」

f:id:hukusyu:20170815163743j:plain

覚えていることも、少しはあるようですね。


「ですが…わたしのきおくのなかにあるふえは、もっとチカラにあふれていました。」

f:id:hukusyu:20170815163744j:plain

時の番人が天空のフルートの能力を呼び覚ます…。


f:id:hukusyu:20170815163745j:plain

セーニャ「お姉さま、もしかして…。」


ベロニカが天空のフルートを。
セーニャが竪琴を。
2人がセッションすると、流れ出す曲が…。

あの曲が、流れるんです…!
あの名曲。

おおぞらをとぶ

DQ3の、ラーミアの曲です。


もうダメなの、この曲!(>_<)
イントロが流れた瞬間、涙がぶわぁーーーっとw

何のストーリーもなくとも、感動シーンすらなくとも、聴くだけでこんなにも泣けてしまう曲は、ドラクエの中ではこの「おおぞらをとぶ」が断トツトップですね、私の中では。

f:id:hukusyu:20170815163746j:plain

f:id:hukusyu:20170815163747j:plain

f:id:hukusyu:20170815163748j:plain

f:id:hukusyu:20170815163749j:plain

やばい、曲がなくともこのスクショを見ながら保存作業をしているだけでも涙が出てきたwww
名シーンすぎるだろっ!!

f:id:hukusyu:20170815163750j:plain

f:id:hukusyu:20170815163751j:plain

f:id:hukusyu:20170815163752j:plain

ショコタンが演奏に合わせ、つるぎに祈りを込め勇者パワーを発動。


f:id:hukusyu:20170815163753j:plain

f:id:hukusyu:20170815163754j:plain

光が塔を貫き、それは空を舞うケトスに到達し、


f:id:hukusyu:20170815163755j:plain

f:id:hukusyu:20170815163756j:plain

ケトス覚醒!
鎧に包まれ、立派な角が生える。

f:id:hukusyu:20170815163757j:plain

f:id:hukusyu:20170815163758j:plain


ケトスの声が聞こえる…。

f:id:hukusyu:20170815163759j:plain

f:id:hukusyu:20170815163800j:plain

f:id:hukusyu:20170815163801j:plain

いきなり仕掛けても勝ち目はないってワケか。
仕方ねえ。今はチカラをつけるとしよう。
カミュ

そうですな。
しばし、修行が必要ですねこれは。

f:id:hukusyu:20170815163802j:plain

その名前を聞いて、何か心に引っかかった様子の時の番人…。


ここからしばし、邪神ニズゼルファを倒すチカラをつけるための修行の旅が始まります。

今まで訪れた各所で、様々な問題が起こっています。
先ほどのダーハルーネの町中のモンスターも然り、ですね。

f:id:hukusyu:20170815163803j:plain

ネルセンの宿屋では、泊まる人が全員同じ夢を見る、といういつぞやと同じ光景が。
泊まってみると、以前とまったく同じ、アーウィン(ショコタンのパパ)の亡霊の夢を見ます。
そうか。以前アーウィンを救ったのは、大樹崩壊後でしたからね。
崩壊前まで時間が戻っているから、アーウィンをまだ救えていない状態に戻るわけですね。

ユグノア城へはまた、後で訪れることにしましょう。


まずは、ケトスに教えられたネルセンの試練へ行ってみることに。

f:id:hukusyu:20170815163804j:plain

バンデルフォンの2つあった地下への扉のうち、紫色の紋様で封印されていた扉の封印が解けている。


f:id:hukusyu:20170815163805j:plain

そして恐ろしげな魔法陣w


f:id:hukusyu:20170815163806j:plain

「ネルセンの迷宮」に足を踏み入れると、そこはシケスビア雪原と同じマップ。
でも、少しだけ違う。
道をふさぐ氷の塊をモンスター乗り物で壊さないと、先には進めない。
しかもそのモンスター乗り物は、マップ上緑色のポイントからもう1つの緑色のポイントへワープした先にしかいない。

これに気付くまで、少し時間がかかりました(>_<)
「????」へ移動しても、同じマップにつながっていて結局戻ってきてしまうし。
でもいいね、こういう、一本道ではなくて少し頭を使ってルートを考えさせるというのは。


苦労の末「試練の里」へたどり着くと、神の民が何人かいて、強力な装備を売ってくれます。
鍛冶の素材も売っているし、鍛冶台も設置してある。
預り所もあってお金も引き出せる。
もちろんセーブポイントもある。
超便利!\(^o^)/

しかしそこから進んだ先にある試練は…


……。
めちゃ強いんですよ!
普通のザコ敵が!
(しかも、試練に3種類だったかな?あるうちの一番弱いやつですらw

ザコモンスターと戦うだけで次々と死人が出て、あっという間にMPがなくなるというw

f:id:hukusyu:20170815163807j:plain

…こ、こらイカン((((;゚Д゚))))
これは…もっと強くなってから来ることにしようw


ということで、ネルセンの試練はとりあえず後回しにして。
まずは、世界各地で起こっている問題を、1つずつ片付けて行くことに。


プチャラオ村に行ってみると、村人達が全員踊っているw

…が、話をよく聞いてみると、魔物の呪いで無理やり踊らされているらしい。
踊り疲れて、このままでは死んじゃうよー!助けてー!
と言うので、壁画世界の中へ。


まーたでっかい宝箱があったので、まあ一応ね…と開けてみると…、

f:id:hukusyu:20170815163808j:plain

ぬわーーーやっぱりお前か!(>_<)
ギガ・パンドラボックスも出るのかな?今後どこかに…(´ー`;)


相変わらず長い道のりで迷う壁画世界の奥地へようやくたどり着くと、

f:id:hukusyu:20170815163809j:plain

なんか変なじじいいたw
そして、世助けパレードの元隊員たちがw

「フレッシュなダンスでワシもハッスルしてきたぞい!
 ホーレホレ!もっともっと踊るんじゃ!」

f:id:hukusyu:20170815163810j:plain

f:id:hukusyu:20170815163811j:plain

f:id:hukusyu:20170815163812j:plain

ボスとの戦闘。
今作では同じモンスターにも強度があって、普通のモンスター→強(目が赤い)→邪(目が緑色)と強くなっていきます。
ストーリーが進むにつれ、同じ生息地にいるモンスターでも目の色が変わって強くなっていきます。

邪の上って、あるのかな?
ショコタンはまだ、邪までしか見ていませんが…この先もしかしたらもっと強いタイプもいるのかもしれませんね。


この、じじいがさ…。

f:id:hukusyu:20170815163813j:plain

強いんだよ!(>_<)
くそーーーっ!
全滅したぜ!( ;∀;)

攻撃が強い、とか言うよりも、仲間をバンバン呼ぶんですよね。
その仲間を片付けずにハッスルじじいばかりを攻撃していると、どんどん増えていって、モンスター連携とかも繰り出してきてかなり痛い(>_<)
そして予想通り、誘う踊りにつられてしまって何ターンか動けなくなってしまったりするので…(´Д`;)
マヒとかもさせられるし。
もう、こんにゃろーーー(#゚Д゚)!!って感じです。


…ここは、また後で挑むことにしよう。


クレイモランの古代図書館で、復活した聖獣ムンババを倒す方法について調べてくるのよ、とかいう件と、ついでに別件で3冊の本を調べてきてね!みたいなクエストを受注していたので、その両方を兼ねて図書館へ。

f:id:hukusyu:20170815163814j:plain

りゅうはかせの授業を熱心に聞く、3匹のメイジももんじゃ
かわええな!(´∀`*)
背後に1匹、授業をサボって居眠りこいてる子もいますw
芸が細かいw


ムンババについての本は発見したんだけど、ミナデイン覚えていないのだが…。
これはスキルパネルのリセットと、ゆうしゃスキルの再習得が必要なのかな?
後々時間に余裕があるときに挑戦しましょう。

f:id:hukusyu:20170815163815j:plain

デルカダールで受注した、セルゲイナスの転生を倒せーとかいうクエスト。
こいつ、結構強かった…(´Д`;)
しかもこの場所、セルゲイナスがなかなか湧かないし…。


ホムラの里では帰って来ないヤヤク様の様子を見に火山へ行くと、

f:id:hukusyu:20170815163816j:plain

ラーのしずくとかいうアイテムを世界のどこかで見付けたら、持ってきておくれ。
ということなので、ここも今すぐには解決できそうにない感じです。


グロッタの町では、孤児院の地下へ行ってしまったハンフリーを追って行くと…

f:id:hukusyu:20170815163817j:plain

f:id:hukusyu:20170815163818j:plain

かつて仮面武闘会で戦った闘士たちが、目が緑色になってしまいモンスター化して、全員総出で襲ってきます。


f:id:hukusyu:20170815163819j:plain

苦戦しましたが、なんとか死人は出さずに勝てました\(^o^)/


f:id:hukusyu:20170815163820j:plain

すると…奥からアラグネさん登場(←違う


f:id:hukusyu:20170815163821j:plain

邪神のチカラによって、以前よりも強力になって復活したらしい。


アラクラトロ・邪との連戦!(>_<)
MPがもうないんだってば…(´Д`;)
ここは、ロウのMPパサーで乗り切りましょう。

f:id:hukusyu:20170815163822j:plain

ハンフリーさんからクリスタルクローをもらえます。
爪か…スキル振ってないから、装備袋の中に封印だなw

f:id:hukusyu:20170815163823j:plain

鍛冶で戦姫セットが出来たんでマルティナさんに装備させました。
見た目がとてもカッチョイイっすね!(=゚ω゚)ノ


ナギムナー村で依頼を受けて、白の入り江へ行ってみると…

f:id:hukusyu:20170815163824j:plain

f:id:hukusyu:20170815163825j:plain

キナイとロミアがマーマンに囲まれている!Σ(゚Д゚)


…ん?
ロミア??

ロミアたんが海の泡になって消えてしまったのは、大樹崩壊より前の話だったはずなんですが…。
それが、なぜ生きている?


ナギムナー村での最初のお話のときに、ロミアに真実を伝えないルートっていうのもあるらしいですね。
「キナイが生きているなら私ずっとここで待ってるわ!」みたいな。
ロミア生存ルートっていうのがあるらしく。

そうすると、ロミアが生きている状態で大樹崩壊を迎えた、という展開もありうるわけですよね。
そのために作っといたサブストーリーなのかね、これは…。というショコタンの予想。
(だが、多くのプレイヤーはどちらかと言うとロミア消滅ルートを選ぶのではないかと思うのだが…。

f:id:hukusyu:20170815163826j:plain

助けのつもりだったんですが…

全滅!(/_;)
くそーーーマーマンごときにやられるとは…(-_-;)
呪文が痛いんですよ…マヒャド連発とかさぁ!
いいさ、ここも後でまた来るさ。


エストで「神の岩で絶景ハンターが待っているようだ」とか言うので、神の岩ってどこだっけ?
神の民の里?と思って行ってみたら該当する場所がなく、別件でイシの村へ行ったらマップに神の岩と出てきたので、そこでようやく「ああ、最初に行ったあの場所か!」と思い出しました(^^;
もう忘れたわそんな1回しか出てこない地名はw

f:id:hukusyu:20170815163827j:plain

道中、カミュの相棒だったデクが鳥に襲われていました。
鳥のくせにけっこう強かったです(´Д`;)


絶景ハンターからの依頼は、ここ、

f:id:hukusyu:20170815163828j:plain

f:id:hukusyu:20170815163829j:plain

ユグノア地方・入り江の島にありました。
確かに絶景かな!


ソルティコの町へ。

俺はこの町の領主ジエーゴ様のもとで修行していたことがあってな…とグレイグ。

f:id:hukusyu:20170815163830j:plain

逃げようとするシルビア。


f:id:hukusyu:20170815163831j:plain

グレイグ「前からずっと気になっていたのだが、貴様…ジエーゴ師匠のご子息ゴリアテなのではないか?」

思ったより気付くの早かったじゃない、バレちゃったなら仕方ないわ。
久しぶりねグ・レ・イ・グ♪
とシルビア。

f:id:hukusyu:20170815163832j:plain

…とまあ、何やかんやで諭されて、


f:id:hukusyu:20170815163833j:plain

ショコタンの付き添いでパパのもとへw
ここら辺の展開が、大樹崩壊後の話とは少し違っていますね。

ジエーゴのお屋敷で、なんとかパパに認めてもらい。

f:id:hukusyu:20170815163834j:plain

デルカダール神殿に封印された、黄金に輝く巨人を倒して来い!
というのが、ジエーゴの試練だそうです。
後で行ってみます~(・∀・)


海底王国にも顔を出してみる。

f:id:hukusyu:20170815163835j:plain

千里の真珠に悪さした魔物は、デスエーギル。
外海の北東にある孤島近くに潜んでますよ、ということらしい。

f:id:hukusyu:20170815163836j:plain

マップ上に載っていない島です。
上陸できない島だからね。
近付くとマーメイドハープがお知らせ。

f:id:hukusyu:20170815163837j:plain

ババーーーン!m9( ゚Д゚)

なんとか退治。


「これは私からの感謝のしるしです。」

女王様から受け取ったのは…

f:id:hukusyu:20170815163838j:plain

これはwww
DQ1のオマージュなのか!?w(×女王の愛→○王女の愛

f:id:hukusyu:20170815163839j:plain

意外と便利アイテムでした(∩´∀`)∩
世界各地の困り事・依頼事が、この「女王の愛」を使うと分かります。
今までは次に行くべき場所が、マップを開いたときの冒険ガイドに表示されていたんだけど、それがなくなっちゃったのよね。
要は、これらの「各所でのお困りごと」には解決すべき順番がないので、順不同のためガイドにも表示できない、とそういう事なんでしょう。

でも、それらのすべてを覚えていられるほどの記憶力もないし…。
だからといって、いちいちメモを取るのも面倒だし…。
そこへこのアイテムがあれば、次に行くべき場所が分からなくなったら女王様に聞けばよいので、楽になりますね!


お次はユグノア城地下へ。

アーウィンの亡霊の絶望を喰らい続けるバクーモス。

f:id:hukusyu:20170815163840j:plain

強かったですが、倒せました(>_<)

以前と同じムービーが流れて。
アーウィンとエレノアは無事に成仏…。

f:id:hukusyu:20170815163841j:plain

以前はなかった宝箱がありました。
中身はパパの兜と鎧。


そして、一度全滅させられた壁画世界の中のハッスルじじいに再戦を挑むっ!(`・ω・´)

f:id:hukusyu:20170815163842j:plain

今度は無事に勝てたー\(^o^)/
マジックバリアマホカンタ、そして火力(主人公やマルティナ)へはバイキルト
ハッスルじじいへの単体攻撃役(私はマルティナをデビルモードにしてずっとさみだれ突きさせてました)と、じじいが呼ぶ仲間への全体攻撃役(ショコタンにひたすら全体技を発動させる)とで分担すると、良い感じで戦えました。
ご参考にどうぞ…(´ー`*)

f:id:hukusyu:20170815163843j:plain

報酬で、小さなメダルが10枚もらえます!\(^o^)/


邪神から世界各地を救う旅はまだまだ続く…!



最終ステータス

f:id:hukusyu:20170815163848j:plain


今回のおさらいと、次の目的地

f:id:hukusyu:20170815163844j:plain

f:id:hukusyu:20170815163845j:plain

f:id:hukusyu:20170815163846j:plain

DQ11冒険誌 2017/08/14

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/14 21:51現在の記録

Lv    … 51→55
プレイ時間… 68:27

うち、今回ここまで
※プレイ時間が長いため分けます。

移動   … デルカダール城 →デルカコスタ地方 →神の民の里 →バンデルフォン北東の高台 →ダーハラ湿原北西の高台 →ドゥルダ郷



勇者の星が落ちてしまったのか…?
一体何が起ころうというのじゃ…。
と危惧するデルカダール王。

f:id:hukusyu:20170814214057j:plain

安定の使いっパシリ、おげーぃ!(・ω・)ノ


f:id:hukusyu:20170814214058j:plain

クリア後の世界のフィールドはですね…
なんと…

BGMに、「冒険の旅」が流れます!!
皆大好き、DQ3のフィールド曲ですよ(^^♪
AQUAのTVCMなどでおなじみですね。

横でうちのおじちゃんが、「懐かしいなその曲!」と反応してました(´∀`)


落ちた星の様子がよく見えるデルカコスタ地方まで移動すると、その大きさに驚いた様子の仲間たち。

セーニャ「禍々しい気を放っています。聖なるものではないのは確かですわ…。」

このまま放ってはおけないけど、空の上にあるんじゃどうしようもないわ。
とベロニカ。

f:id:hukusyu:20170814214059j:plain

そこに現れたのは…なんと…

カミュ「生きていたのか、ウルノーガ!」

f:id:hukusyu:20170814214100j:plain

「わしはおぬしらの世界では預言者と呼ばれておる。」

ではこの姿ではどうだ、と頭をポンッと叩く預言者。
ショコタンにはおなじみの、いつもの占い師の姿に。


預言者「…わしには見える。おぬしらが神の使いケトスに乗って天空の民と出会う姿がな。」

f:id:hukusyu:20170814214101j:plain

f:id:hukusyu:20170814214102j:plain

→はい
 いいえ

ベロニカ「ふうん…。他にアテもないし、試しに吹いてみれば?」

f:id:hukusyu:20170814214103j:plain

天空のフルートを吹くと、空から舞い降りるケトス。
仲間たちは初めて見るケトスの姿に驚いているが、初見ではないショコタンは…

f:id:hukusyu:20170814214104j:plain


神の民の浮島へ。

f:id:hukusyu:20170814214105j:plain

いにしえの昔、ロトゼタシアの住人たちも神の民も平和に暮らしていた頃のことを話してくれる神の民・クーロン。

クーロン「ですがある日…闇が空を覆い、はるか天高くより災厄が飛来しました。」

「その災厄の名は…」

f:id:hukusyu:20170814214106j:plain

(゚Д゚)ファッ!?


勇者の星が落ち現れた黒い太陽が、ニズゼルファの復活を示しているのでは…とクーロン。

「事態は一刻を争います!長老様のもとへ!」

f:id:hukusyu:20170814214107j:plain

普段は深い眠りについており、めったに目を覚まさないと言う。


いにしえの昔、邪悪の神ニズゼルファと戦った勇者ローシュの話をするクーロン。

「長き戦いの末、ついに邪神を倒し、平和をもたらしたのです。」

f:id:hukusyu:20170814214108j:plain

クーロン「残念ながら…それは私にも分かりません。」

「ですが、勇者が生まれた意味は分かります。
 あなたと邪神は表裏一体。
 邪神を倒すため、あなたが生まれたのでしょう。」

しかし一体どう立ち向かえばよいのか…。
とクーロンも困り果てていると、

f:id:hukusyu:20170814214109j:plain

おお…。長老様がお目覚めだ…。
と驚く神の民たち。

f:id:hukusyu:20170814214110j:plain

そうか…そういうことか!
と何かに気付いた様子のクーロン。
太陽の神殿まで来るようショコタン達に告げる。


ムービーシーンが終わって振り向くと、

f:id:hukusyu:20170814214111j:plain

唐突に配置された宝箱w
中からようやく最後の鍵が。

珍しいですよね、本編では登場せずにクリア後に初めて最後の鍵が出てくるなんて。
珍しいというか、初かな?
クリア後世界も含めて本編、という感じの作りですもんね今作。


神殿の中へ。

いにしえの時代からこの地を見守ってきたという、聖なる苗木。
当時の記憶が眠っていると言われているそうな。


ショコタンが触れてみるも、時のオーブを砕く前の世界で見た内容と同じ映像が映し出され、ニズゼルファを倒す手掛かりを得ることは出来なかった。

f:id:hukusyu:20170814214112j:plain

聖なる種火を改めてもらい直して。
いざ、地上の3本の苗木のもとへ!

…というところへ、

f:id:hukusyu:20170814214113j:plain


わしも…その者らの眠れるチカラを呼び覚ましてやろうと思ってのう。

f:id:hukusyu:20170814214114j:plain

f:id:hukusyu:20170814214115j:plain

f:id:hukusyu:20170814214116j:plain

過去に戻ったことで、大樹崩壊前の状態まで一時的に下がっていた仲間たちのレベルやスキルが、元に戻りました(∩´∀`)∩


勇者がいるから邪神が生まれるなどという誤った伝承が、良からぬ因縁を生んだ。
ショコタンよ…。そなたがその長きに渡る因縁を断ち切るのじゃ。

f:id:hukusyu:20170814214117j:plain

と言うと、また眠りについてしまった長老様。

聖竜?
竜、って言ってますよね!?

おお~~~ドラクエのドラゴン成分、いよいよか!?


地上の3本の苗木の記憶を読みに行く。

f:id:hukusyu:20170814214118j:plain

1本目、バンデルフォン地方、北東の高台。


f:id:hukusyu:20170814214119j:plain

f:id:hukusyu:20170814214120j:plain

勇者ローシュたちがつるぎを作り、ケトスを呼び出す映像。
…でもこれは、以前に見たものとほぼ同じ。


2本目、ダーハラ湿原・北西の高台。

f:id:hukusyu:20170814214121j:plain

f:id:hukusyu:20170814214122j:plain

f:id:hukusyu:20170814214123j:plain

賢者セニカが天空のフルートで呼びだしたケトスを、勇者のチカラで覚醒させるローシュ。
ケトスには角が生え、今よりもさらに勇ましい姿に。


あの空飛ぶクジラが邪神討伐の鍵となるのだろうか…。
とグレイグ。


3本目、ドゥルダ郷の入口。

f:id:hukusyu:20170814214124j:plain

f:id:hukusyu:20170814214125j:plain

ケトスが黒い太陽に向かい、角で結界を破る光景が。

ベロニカ「でも今のケトスにツノはないわよね。一体どうすれば…。」

f:id:hukusyu:20170814214126j:plain

なっ!
あんたいつの間に!


彼女の行方を知るために、もうひとつの記憶を読み解くとしよう。
と預言者。

ベロニカ「もうひとつ?聖なる苗木は全部調べたわよ。」


預言者「…ベロニカよ、ここへ。」

f:id:hukusyu:20170814214127j:plain

ベロニカ「どうしてそのことを…?」


預言者「さあ、これを身に付けるのだ。」

ベロニカが預言者から手渡された首飾りを身に付けると…

f:id:hukusyu:20170814214128j:plain

f:id:hukusyu:20170814214129j:plain

f:id:hukusyu:20170814214130j:plain

なんと、ベロニカの姿が魔力を吸い取られる前の本来の姿に!


大人ベロニカちゃん、可愛いんだけどさ…、
この服装がw

うーん。幼すぎる。服装が(-_-;)
せめて帽子は取れ…。

オープニングムービーに出てくる大人ベロニカちゃんは、とっても可愛いんだけどねぇ。
この服装のままだと、なんだかすごく違和感がありますね。

f:id:hukusyu:20170814214131j:plain

…だがそれには、ベロニカが子供の姿ではダメなのだ。

セーニャ「預言者様。あなたは一体…?」


さあ運命の双子よ。
祈るのだ。
すべての真実を明らかにするために。

f:id:hukusyu:20170814214132j:plain


2人が祈ると、その姿が…

f:id:hukusyu:20170814214133j:plain

f:id:hukusyu:20170814214134j:plain

f:id:hukusyu:20170814214135j:plain


f:id:hukusyu:20170814214136j:plain

預言者の導くまま、ショコタンが「導きの木」に手をかざすと…


f:id:hukusyu:20170814214137j:plain

バクラバ砂丘に伏す邪神へ、とどめの一撃を刺そうとするローシュ。
そこへ…

f:id:hukusyu:20170814214138j:plain

f:id:hukusyu:20170814214139j:plain

デタ━━━━━('A`)━━━━━悪いヤツ!!!
やっぱり、お前かぁああああ!

f:id:hukusyu:20170814214140j:plain

ウラノスの体から、黒い瘴気が吹き出し…


f:id:hukusyu:20170814214141j:plain

f:id:hukusyu:20170814214142j:plain

セニカとネルセンが駆け付けた頃にはもう、ローシュは…


f:id:hukusyu:20170814214143j:plain


預言者「導きの木の光はまだ消えておらん。今一度、導きの木に手をかざすのだ。」

f:id:hukusyu:20170814214144j:plain

勇者の星を見上げるセニカ達。
そこには、神の民の長老・イゴルタプの姿も。


イゴルタプ「ローシュ亡き今、勇者のつるぎを扱える者はおらん。」

「滅ぼせないならせめて封印するしかあるまい。セニカよ頼むぞ。」

f:id:hukusyu:20170814214145j:plain

f:id:hukusyu:20170814214146j:plain

勇者の星に、封印の刻印が刻まれ…


f:id:hukusyu:20170814214147j:plain

星は空の彼方へと…。


これからどうするんだ?
とセニカに問うネルセン。

セニカ「勇者のつるぎをあるべき場所に…、命の大樹へと収めて参ります。」

f:id:hukusyu:20170814214148j:plain

ローシュ、待っててね…。


f:id:hukusyu:20170814214149j:plain

f:id:hukusyu:20170814214150j:plain

その後、クレイモランの古代図書館で調べ物をしたセニカは、何かを発見し…


f:id:hukusyu:20170814214151j:plain

f:id:hukusyu:20170814214152j:plain

つるぎを手に携え、たどり着いたのは忘れられた塔…


f:id:hukusyu:20170814214153j:plain

f:id:hukusyu:20170814214154j:plain

しかし、剣が折れただけでオーブは砕けず…


f:id:hukusyu:20170814214155j:plain

絶望し倒れたセニカのもとに、失われた時の化身たちが集まり、


f:id:hukusyu:20170814214156j:plain

セニカの姿が、時の番人に…!


マルティナ「なんて悲しい結末なのかしら…。」

グレイグ「我々が勇者の星だと思っていたものがまさか、邪神を封印したものだったとはな…。」


邪神を倒すカギを握る賢者セニカは、姿を変え今もあの塔で生きておる。
と預言者。

カミュ「…預言者さんよ。あんたはなぜそんな昔のことを知っているんだ?」

f:id:hukusyu:20170814214157j:plain


あっ…あんたは…!!

f:id:hukusyu:20170814214158j:plain

な、な、な、なんと!!
ウラノスが預言者だった…!?


ウラノス「ローシュが邪神にとどめを刺そうとしたあの時、わしのアタマの中に声がよぎった。」

f:id:hukusyu:20170814214159j:plain

わしはおのれの心を奮い立たせ甘言に抗ったが…
気付けばローシュを殺していた。

f:id:hukusyu:20170814214200j:plain

f:id:hukusyu:20170814214201j:plain

つまり、ウラノスの心の弱い部分(悪の心)がウルノーガに。
心の強い部分(善の心)が預言者になった、ということですね。

ルノーガ=ウラノス
ショコタンの予想、当たっていたー!(゚д゚)


ウラノス「…ウルノーガが倒された今、最後の預言を与えよう。」

f:id:hukusyu:20170814214202j:plain

…ショコタンよ。
どうか邪神を討ち果たし、この長き戦いに終止符を打ってくれ。

そう言い残すと、光と共に消えてしまうウラノス


仲間の助言で、まずは神の民に会いに行こう!ということに。


…と、その前に。
受注できそうなクエストを受けるために、ドゥルダ郷の中へ。
すると…

f:id:hukusyu:20170814214203j:plain

!!!
ニマ大師!!!

f:id:hukusyu:20170814214204j:plain

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!


そうか、大樹の崩壊がなかったから、ドゥルダを守るために命を落としたはずのニマ大師も生きていることになるわけですね。

f:id:hukusyu:20170814214205j:plain

ともあれ、生きていてくれて良かった(ノД`)・゜・。
ニマ大師、やっぱり可愛い(´ω`*)



…次回へ続く。



今日のおさらいと、次の目的地

f:id:hukusyu:20170814214206j:plain

f:id:hukusyu:20170814214207j:plain

f:id:hukusyu:20170814214208j:plain

f:id:hukusyu:20170814214209j:plain

f:id:hukusyu:20170814214210j:plain

f:id:hukusyu:20170814214211j:plain

DQ11冒険誌 2017/08/13

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/13 22:59現在の記録

Lv    … 51→55
プレイ時間… 68:27

うち、今回ここまで
※プレイ時間が長いため分けます。

移動   … 聖地ラムダ→ 謎の遺跡 →忘れられた塔 →聖地ラムダ →ゼーランダ山 →始祖の森 →命の大樹 →デルカダール城



魔王ウルノーガを倒した後の世界。


ベロニカの死を慎み、ラムダの思い出の地に集まる仲間たち。

f:id:hukusyu:20170814003549j:plain

私達は尊い多くの命を失った…。
でもこうして生きています。
生きて笑っていればきっと、何度だってやり直せますわ!


ラムダの里で祝いの宴の席が設けられることに。

カミュに話しかけると、ウルノーガを倒した際に手に入った魔王の剣を今のお前なら装備できるんじゃないか?と言うので、装備してみました。

f:id:hukusyu:20170814003550j:plain

…呪われたりしないんでしょうね!?w

強いことは強いけど。
こんな剣、あまり使いたくないけどね…( ̄▽ ̄;)


世界は平和になった。
けどショコタン、お前が気になる場所があるならどこへでもついていくぜ、と仲間が言うので、ウルノーガを倒した後にケトスで世界を回っている際にキラリと光るものが見えた、グロッタの町の南へ行ってみる。

f:id:hukusyu:20170814003551j:plain

崩壊した神殿のようだ。

マルティナ「この独特な装飾…。確か、神の民の里でも見たわ。」

遺跡を調べてみることに。


神の民が書いたという書物をロウが発見。

f:id:hukusyu:20170814003552j:plain

f:id:hukusyu:20170814003553j:plain

f:id:hukusyu:20170814003554j:plain

シルビア「復活…って、もしかしてその光には、失ったものをよみがえらせるチカラがあるってコトかしら?」

マルティナ「それが本当なら、彼女も…!」

…思い出して。
私たちには、心の底から会いたい大切な仲間がいるじゃない!

f:id:hukusyu:20170814003555j:plain

セーニャ「お姉さまが…生き返る?」


ロウがさらに書物を読み解くと、その光は忘却の塔にて静かに輝けり、と書かれている。

「いにしえより神の民が守りし神秘の歯車 手に入れし時…」
「失われた時の化身が集う忘却の塔を目指すべし…。」


少しでも希望があるならそれに懸けてみるべきだ、とセーニャを諭すカミュ


神秘の歯車のヒントを求めると、遺跡の壁画に歯車の形のくぼみが。

壁画の近くを探すと…

f:id:hukusyu:20170814003556j:plain


忘却の塔の場所は、なぜかカミュが知っている模様。

f:id:hukusyu:20170814003557j:plain

さすが盗賊!


ケトスに乗って、忘却の塔へ。

f:id:hukusyu:20170814003558j:plain

f:id:hukusyu:20170814003559j:plain

こうしてコダマ(失われた時の化身)がゾロゾロと塔の周りの庭園に集っていますw

塔の入口のくぼみに歯車をはめると扉が開き、塔の中へ。

f:id:hukusyu:20170814003600j:plain

そしてこっそりとついて来ていた、この方も…。


f:id:hukusyu:20170814003601j:plain

f:id:hukusyu:20170814003602j:plain

神秘的な場所…。
まるで大きな砂時計のよう。

f:id:hukusyu:20170814003603j:plain

奥には、コダマたちの親分のようなキャラが。


f:id:hukusyu:20170814003604j:plain

わたしはなにものでもありません。
ただ時のながれをみまもるだけの そんざい…。
と、時の番人。


セーニャ「この塔には失ったものを復活させるチカラを持つ光があると聞きました。」

「私たちにはよみがえらせてほしい、かけがえのない人がいます…。どうか、知っていることを教えて下さい。」

f:id:hukusyu:20170814003605j:plain

その時のオーブのチカラをつかえば、あなたたちのねがいも かなうでしょう。
ですが…。

f:id:hukusyu:20170814003606j:plain

時のオーブとは、失われた時の化身がはるかいにしえよりつむぎつづけた、ロトゼタシアの時のけっしょう。
その時のオーブをこわすことで じくうのながれがみだれ、すべてが過去にまきもどるのです。

なかまをよみがえらせたければ、せかいの時をたちきらなければならない。
あなたたちがしようとしているのは、せかいにとって おおきなせんたくなのです。
と時の番人。

f:id:hukusyu:20170814003607j:plain


しかし…

f:id:hukusyu:20170814003608j:plain

そうすれば、ベロニカだけじゃない…。
あの日失われたロトゼタシアのすべてを、今度こそ救えるかもしれんぞい!
とロウ。


時の番人「おそらく…いまこの時をつむいでいる、いちばんあたらしい時のオーブをこわしてしまえば…」

f:id:hukusyu:20170814003609j:plain

もし…世界の運命を分けたあの日に戻り、ウルノーガをこの手で止められるなら…。
オレは喜んで過去に戻るぞ!
とグレイグ。

f:id:hukusyu:20170814003610j:plain

時のオーブをこわすには、すべてをたちきることのできるおおいなるチカラがひつようです。
そのようなチカラはおそらく、このせかいでひとつしかありません。

f:id:hukusyu:20170814003611j:plain

それができるのはあなただけ。
過去にもどることができるのはショコタン、あなただけなのです。

f:id:hukusyu:20170814003612j:plain


過去に戻ったショコタンは、またここに戻ってこられるんだろうな?
カミュ

f:id:hukusyu:20170814003613j:plain

それに…
こわれた時のオーブがぼうそうすれば、ねじまがった時のうずにのみこまれてしまうかもしれない。

f:id:hukusyu:20170814003614j:plain

かけがえのないなかまとわかれ、たったひとりで過去にもどる。
あなたじしんもどうなるかわからない。

f:id:hukusyu:20170814003615j:plain

おほwww
こらまた、えらい壮大な選択だな!Σ(゚Д゚)

f:id:hukusyu:20170814003616j:plain

…でも、戻ることにしないとクリア後世界の話が進まないので!(^^;

と、時の番人のもとへ近寄ろうとすると…

f:id:hukusyu:20170814003617j:plain

仲間全員が道をふさいで通してくれない。


f:id:hukusyu:20170814003618j:plain

→はい
 いいえ


負けたよ!
おっとりしてるようでこういう時はガンコなんだよな!
と折れるカミュ

もう決めたんだろ?
オレはお前の決断を信じるぜ!

f:id:hukusyu:20170814003619j:plain



f:id:hukusyu:20170814003620j:plain

時のオーブを壊したとき、過去へ持って行けるものは、冒険の記録と戦いの経験(経験値ですね)、持ち物と袋の中身。

時の番人「オーブとともにいまそうびしている勇者のつるぎはこわれてしまうかもしれませんが…」

f:id:hukusyu:20170814003621j:plain

しばらくはそれをそうびしてたたかうといいでしょう。


f:id:hukusyu:20170814003622j:plain

f:id:hukusyu:20170814003623j:plain

f:id:hukusyu:20170814003624j:plain

決断を鈍らせる問いかけwww


f:id:hukusyu:20170814003625j:plain


f:id:hukusyu:20170814003626j:plain

f:id:hukusyu:20170814003627j:plain

f:id:hukusyu:20170814003628j:plain

仲間たちとの別れを惜しんで…、


f:id:hukusyu:20170814003629j:plain

f:id:hukusyu:20170814003630j:plain

時のオーブを砕く…!!

折れてしまう勇者のつるぎ。

f:id:hukusyu:20170814003631j:plain

f:id:hukusyu:20170814003632j:plain

カミュ「また会おうぜ…!!」


f:id:hukusyu:20170814003633j:plain



f:id:hukusyu:20170814003634j:plain

過去の記憶たちが小さな玉となり、次々と遠ざかっていく…。


f:id:hukusyu:20170814003635j:plain

目を覚ましたのは、聖地ラムダ。


大聖堂へ行くと…

f:id:hukusyu:20170814003636j:plain

ベロニカ「セニカ様…」

これから集めたオーブを携え、悪をはらうチカラが眠る命の大樹へと勇者ショコタンを導きます。

f:id:hukusyu:20170814003637j:plain

f:id:hukusyu:20170814003638j:plain

だから無事に使命が果たせるよう、見守っていてくださいねセニカ様!


f:id:hukusyu:20170814003639j:plain

…っていうか、そのごつい剣は何よ!
アンタ今までどこ行ってたの!?

f:id:hukusyu:20170814003640j:plain

そら泣くさ…(ノД`)・゜・。

ベロニカたん、君に会うために戻ってきたんだよ…(ノД`)・゜・。


そこへいつもの仲間たちが。

f:id:hukusyu:20170814003641j:plain

再び始祖の森を抜け、祭壇にオーブを捧げ、命の大樹へ。

道中、仲間キャラたちは同じセリフをしゃべりますし、ムービーシーンも以前と同じものが流れます。(ムービーは視聴省略できます)

f:id:hukusyu:20170814003642j:plain

初めて見る気がしない…
ずっと昔に来たことがあるような気がする…
と仲間たち。


以前と同じく、シルビアが大樹の魂に触れてはじかれ、ロウの勧めるがままショコタンはつるぎを手にするため、魂の中へと…。

そこでショコタンは思い出す。
この後、ホメロスの奇襲があることを…!

f:id:hukusyu:20170814003643j:plain

魔王の剣でホメロスの呪文を断ち切るショコタン。


f:id:hukusyu:20170814003644j:plain

f:id:hukusyu:20170814003645j:plain

ホメロス「そんなバカなっ…!闇のオーラを切り裂いただと…!?」


f:id:hukusyu:20170814003646j:plain

f:id:hukusyu:20170814003647j:plain

ホメロス戦再び。

毎ターンごとにホメロスの持つオーブの闇のオーラが発動しますが、魔王の剣で斬るとオーラを消すことができます。

f:id:hukusyu:20170814003648j:plain

そこへ、デルカダール王とグレイグが登場。


f:id:hukusyu:20170814003649j:plain

ホメロスとの戦いで砕け散った魔王の剣のかけらを拾い上げるデルカダール王。


ロウ「グレイグよ、この者の姿を見るがよい…。」

マルティナ「魔物の手先として暗躍し続けていたのはショコタンじゃなくホメロスだったのよ!」


やはりそうだったのか。
お前ほどの男がなにゆえ魔物に…
とグレイグ。


お お助けくださいませ…。
と懇願するホメロスを斬り捨てるデルカダール王。


今までのわしの行いをどうか許してほしい。
とデルカダール王。

f:id:hukusyu:20170814003650j:plain

いやいやいや、ショコタンはもう知ってるからね…
あんたの正体を…!(゚Д゚)ノ

f:id:hukusyu:20170814003651j:plain

デルカダール王「ホメロスもおそらくウルノーガの手先だったのだろう。」


f:id:hukusyu:20170814003652j:plain



f:id:hukusyu:20170814003653j:plain

そして、大樹の魂の中で勇者のつるぎを無事手に入れるショコタン。


f:id:hukusyu:20170814003654j:plain

しかし、ショコタンには記憶があった。
デルカダール王に取り憑いている、ウルノーガの存在…。

f:id:hukusyu:20170814003655j:plain

謎の生き物によって、王が勇者のつるぎに触れることは阻まれる。


f:id:hukusyu:20170814003656j:plain

勇者のつるぎを一旦諦め、デルカダール城に戻り宴の準備をすると言う王。


f:id:hukusyu:20170814003657j:plain

一連を目撃したグレイグも改心。


デルカダール城へ。

f:id:hukusyu:20170814003658j:plain

f:id:hukusyu:20170814003659j:plain

宴が催され、その夜…。

ショコタンが客間で休んでいると、そこへ忍び込む者の姿が…。

f:id:hukusyu:20170814003700j:plain

剣は、以前砂漠で出会ったあの謎の生き物によって守られる。


ベッドの隣に立てかけられた勇者のつるぎを手にしようとした、その者とは…

f:id:hukusyu:20170814003701j:plain

ルノーガが取り憑いたデルカダール王であった。

…ていうか、無防備にそんなところに大事な剣を置いちゃダメ!(;´・ω・)
狙われているの知ってるんだから、アナタは…(;^ω^)

f:id:hukusyu:20170814003702j:plain

f:id:hukusyu:20170814003703j:plain

仲間が駆け付ける。


マルティナ「やっぱりあなたはお父様じゃない…。」

ロウ「なんとなく感づいておったよ…。わしの目をごまかせるわけがなかろう。」

f:id:hukusyu:20170814003704j:plain

f:id:hukusyu:20170814003705j:plain

f:id:hukusyu:20170814003706j:plain

玉座へ追い詰められ、正体を現すウルノーガ。


f:id:hukusyu:20170814003707j:plain

f:id:hukusyu:20170814003708j:plain

魔王になる前の、魔道士ウルノーガと戦います。

ラスボスとしてのウルノーガさんほどは強くないです、さすがに。
分身を作って攻撃してきます。
呪文攻撃が多いので、バフ撒きでしっかり対処しましょう。

f:id:hukusyu:20170814003709j:plain

そこへ、ショコタンのそばを歩くあの謎の生き物の姿が…。

それを目撃したウルノーガ。

「ク…ククク…。」

f:id:hukusyu:20170814003710j:plain

…ぐふっ!


こうして、ウルノーガの脅威は去った。

f:id:hukusyu:20170814003711j:plain

デルカダール王も元の姿に戻り…。


一夜明けて。


デルカダール王「話は臣下たちとマルティナから聞いた。」
「わしはずいぶんひどい王だったようだな…。」

f:id:hukusyu:20170814003712j:plain

f:id:hukusyu:20170814003713j:plain

…と、突如辺りが暗くなる。

兵士の報告を受けバルコニーに出ると、

f:id:hukusyu:20170814003714j:plain

禍々しい雲に覆われる、勇者の星。


その頃、地上では…

f:id:hukusyu:20170814003715j:plain

f:id:hukusyu:20170814003716j:plain

f:id:hukusyu:20170814003717j:plain

あの生き物が星へと手を伸ばすと、邪悪に光り砕け散る星…


f:id:hukusyu:20170814003718j:plain

f:id:hukusyu:20170814003719j:plain

勇者の星は落ち、巨大な生き物が復活を遂げた…!?



…次回へ続く。

DQ11冒険誌 2017/08/11 -3

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/11 18:18現在の記録

Lv    … 42→51
プレイ時間… 59:59

うち、今回ここまで
※プレイ時間が長いため分けます。

移動   …天空魔城



魔王ウルノーガに挑む前に、片付けられそうなクエストを。

f:id:hukusyu:20170811191008j:plain

ダーハルーネで依頼された、死んでしまった恋人が話してくれた砂漠のバラを…というもの。
砂漠のバラって、以前にもあったアイテムでしたよね。
DQ9だったかな?
(追記…DQ5のリメイクでしたねf(^^;

結構、すみずみと探しまくったわw


さて…他に行き先もないようだし、残っているクエストは時間がかかりそうなんで…

f:id:hukusyu:20170811191009j:plain

いよいよ、ここに挑むことにします!(`・ω・´)

もう魔王戦なのか…早いなぁ。


ショコタンの勝手な予想だったんですけどね、「過ぎ去りし時を求めて」ってことで、命の大樹が崩壊する前まで戻る方法があるのかな?と思っていたんですよね。
そして、魔王に奪われる前に剣を取り戻して。
ベロニカも死なずに済む、と。

だけど、そういった動きは今のところないし…、
勇者のつるぎは、取り戻すのではなく新しく作り直しだったし。
ベロニカは、死んでしまったままだし…(ノД`)・゜・。


え、このままなの?
ベロニカたん死んだままエンディング??
パッケージに描かれたキャラなのに!?

…と、頭の中がいろんな「???」のまま、魔王に挑むことになります。

f:id:hukusyu:20170811191010j:plain

f:id:hukusyu:20170811191011j:plain

f:id:hukusyu:20170811191012j:plain

f:id:hukusyu:20170811191013j:plain

破れ散る結界。

と、そこへ…

f:id:hukusyu:20170811191014j:plain

おっとぉおおお、この独特な形の武器は…っ!


f:id:hukusyu:20170811191015j:plain

出た!!Σ(゚Д゚)


f:id:hukusyu:20170811191016j:plain

あ、ダークドレアム様ではなかったですね、さすがに(^^;


f:id:hukusyu:20170811191017j:plain

f:id:hukusyu:20170811191018j:plain

ガリンガさん倒すと、意味深な発言。


f:id:hukusyu:20170811191019j:plain

そしてブルーオーブ。


f:id:hukusyu:20170811191020j:plain

魔城の中には赤と青の封印の扉があって、


f:id:hukusyu:20170811191025j:plain

別の部屋のスイッチを押すことで封印を解除できます。


f:id:hukusyu:20170811191021j:plain

モンスター乗り物で下から上へ上がるためには、進路をふさぐこの水晶を砕かなければなりません。


f:id:hukusyu:20170811191022j:plain

ダメージ床は、このモンスター乗り物に乗って移動すればダメージを受けないようです。
(たぶんダメージ受けるんだろうね、生身で歩いていないから確認していないんだけどf(^^;


f:id:hukusyu:20170811191023j:plain

あの~…、そこ通りたいんですが…、
ちょっとどいてもらえませんかね?(;^ω^)


f:id:hukusyu:20170811191024j:plain

ダメでした\(^o^)/

きゃーーーでも、メタルキングが!!(・∀・)


f:id:hukusyu:20170811191026j:plain

きしんの魔槍が宝箱に入っていました。
すげー強いな!Σ(゚Д゚)
作りたてのメタスラの槍が、一気にゴミ化w


f:id:hukusyu:20170811191027j:plain

ほしくずのつるぎも!
いずれも、シリーズ内ではDQ9から登場の武器だったかと思いますが。


魔城の奥へ進むと…

セーニャ「まさか、この声は…。」

f:id:hukusyu:20170811191028j:plain

f:id:hukusyu:20170811191029j:plain

ベロニカ「ショコタン、寂しかったわ。ずっと一人だったから…。」

「あのね、ショコタン。ひとつだけお願いがあるの。」

f:id:hukusyu:20170811191030j:plain

ベロニカ「だって、あんたを守ったせいであたし死んじゃったでしょ?」

「あんただけ生きてたら不公平じゃない?」

f:id:hukusyu:20170811191031j:plain


そこへ、あのメロディーが…

f:id:hukusyu:20170811191032j:plain

f:id:hukusyu:20170811191033j:plain

セーニャ「気高きお姉さまはそのような言葉はクチにしない。あなたはお姉さまなんかじゃないわ。」


f:id:hukusyu:20170811191034j:plain

消えるベロニカの幻影。

お姉さまは最後まで希望を持っていた。
決して後悔などしていない。
とセーニャ。
その言葉にうなずく一同。


「こんな胸クソ悪いもんを見せるヤツと言えば…」

f:id:hukusyu:20170811191035j:plain

f:id:hukusyu:20170811191036j:plain


この先はウルノーガ様がおわす領域なので通すわけにはいかない、とホメロス

f:id:hukusyu:20170811191037j:plain

f:id:hukusyu:20170811191038j:plain

グレイグ「ホメロス…。本当に魔物になってしまったのか…。」


ホメロスとの再戦。

あんまり、強くなかったな…。
攻撃は痛いですけど。でも立て直せる程度かな。
レベルが50越えていたし、上がりすぎたかな?(;^ω^)


f:id:hukusyu:20170811191039j:plain

またそうやってお前はオレの先を行くのか?
とグレイグに問うホメロス

お前が賞賛を浴び光り輝くほどに、オレは影になっていった。
オレは、オレはただ…

f:id:hukusyu:20170811191040j:plain

消えゆくホメロス

グレイグ「…先を急ぐぞ。」


ホメロスの気持ち、ショコタンとってもよく分かるんですよね…。
誰だって、光り輝く人が羨ましいと思うもの。
それが自分に身近な存在であればあるほど、素直にそのまぶしさを喜べなくなって、心から祝えなくなって…。
いつしか羨ましさを通り越して、妬みや恨みに変わっていって…。
そんな感情を抱いてしまう自分と、光り輝くその対象とを比べては、またも自己嫌悪に陥るようになるのです。

哀れなホメロス…。
悲しいね。その気持ち、分かるよ…。


f:id:hukusyu:20170811191041j:plain

f:id:hukusyu:20170811191042j:plain


しかし、罠に捕われてしまう仲間たち。

f:id:hukusyu:20170811191043j:plain

f:id:hukusyu:20170811191044j:plain

f:id:hukusyu:20170811191045j:plain

倒したはずの六軍王が…。


カミュ「あいつら倒したはずだろ!?まさか復活したってのか!?」

f:id:hukusyu:20170811191046j:plain

f:id:hukusyu:20170811191047j:plain


グレイグ「ひとりではない…。」

f:id:hukusyu:20170811191048j:plain

f:id:hukusyu:20170811191049j:plain

f:id:hukusyu:20170811191050j:plain

f:id:hukusyu:20170811191051j:plain

f:id:hukusyu:20170811191052j:plain

f:id:hukusyu:20170811191053j:plain



f:id:hukusyu:20170811191054j:plain

罠を打ち破る仲間たち。

再び地に伏すホメロス

f:id:hukusyu:20170811191055j:plain

f:id:hukusyu:20170811191056j:plain

ホメロス「イヤだ…。まだ死ねない…。グレイグ…。お前を超えるまで、オレは…。」

グレイグ「…ホメロス。お前は俺になりたかったと言ったな。」

だが俺は、王に拾われて以来、お前の背中を追い続けてきた。

f:id:hukusyu:20170811191057j:plain

今の俺があるのはお前のおかげだ。
ホメロス、なぜそれが分からぬ…。

ついに消えるホメロスの姿。
そしてシルバーオーブが…。


グレイグはホメロスのペンダントを拾い上げ、

f:id:hukusyu:20170811191059j:plain



f:id:hukusyu:20170811191100j:plain



f:id:hukusyu:20170811191101j:plain

f:id:hukusyu:20170811191102j:plain


生命の根源…大樹の魂を得た我にとって、貴様など吹けば散るひと葉に等しい。

f:id:hukusyu:20170811191103j:plain

f:id:hukusyu:20170811191104j:plain

f:id:hukusyu:20170811191105j:plain

ルノーガ「その目…かつての勇者たちを思わせる。」

「気に入らん…。」

f:id:hukusyu:20170811191106j:plain

f:id:hukusyu:20170811191107j:plain



f:id:hukusyu:20170811191108j:plain

f:id:hukusyu:20170811191109j:plain

6色のオーブのチカラで、過去に戦った六軍王たちの技を仕掛けてきます。
影を創り出したり、ギガマホトラ、黄金化などなど…。
マジックバリアバイキルトヘナトスが有効かと思います。
主人公が片手剣でソードガードを覚えていたら、開幕で使用すると良いでしょう。(呪文も跳ね返せる時があります)


f:id:hukusyu:20170811191110j:plain

だが…!!
我はウルノーガ!!万物の頂点なり!!
剣に宿りしチカラをもって、すべてを滅ぼさん!


f:id:hukusyu:20170811191111j:plain

f:id:hukusyu:20170811191112j:plain

そして第二形態へ。


f:id:hukusyu:20170811191113j:plain

ルノーガと邪竜ウルナーガが、最初のうちは交互に、そして後半は同時に出てきます。
同時に出てきたら、同時に倒さないとザオラルで復活されてしまいます。
バランスよく、左右同時に攻撃しましょう。

呪文攻撃が多めなので、ここでもマジックバリアマホカンタが活躍するでしょう。
いてつく波動で解除されてしまいますが、丁寧にバフの撒き直しを図れば対処できます。
全体回復役はパーティに2人欲しいところです。(セーニャ・ロウ・シルビア)

f:id:hukusyu:20170811191114j:plain

こうして食べられて何ターンか行動できず、吐き出されると猛毒を受けた状態になるという…('A`)


f:id:hukusyu:20170811191115j:plain

そしてここから先は…エンディング!!
撮影禁止領域とかいうことで、スクリーンショットが一切撮れませんでした(>_<)
ここから先は、ご自身の目でクリアして見てみてくださいね…(´∀`*)


f:id:hukusyu:20170811191116j:plain

クリア時間は、57:36。
レベル50。

エストなどで寄り道しながらでしたので、余計なのをすっ飛ばしてストーリーだけを追えば、もっと早くクリアできるのかもしれません。


しかし…旅はまだまだ終わらない!
クリア後のお楽しみ、ここから始まる裏ステージ!(=゚ω゚)ノ


もうちょっとだけ、続くんじゃ…!



今回のおさらい

f:id:hukusyu:20170811191117j:plain

f:id:hukusyu:20170811191118j:plain

DQ11冒険誌 2017/08/11 -2

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/11 15:49現在の記録

Lv    … 42→51
プレイ時間… 59:59

うち、今回ここまで
※プレイ時間が長いため分けます。

f:id:hukusyu:20170811171646j:plain

移動   … 神の民の里 →天空の古戦場 →サマディー王国 →バクラバ砂丘 →ホムラの里 →ヒノノギ火山



ケトスで移動できる地点は、マップで記されている場所に限られます。
従来のドラクエの空飛ぶ乗り物のように、自由に飛んで自由な地点で降りる、ということは出来ません。

f:id:hukusyu:20170811171506j:plain

ケトスで飛んでいるとこうしてキラキラしているポイントがあり、ピンポイントでその場所にしか降りられません。

こうして高台がいくつかあり、回ってみましたが、キラキラや宝箱がある程度で、回収しただけで終わっちゃいました(^^;
最後の鍵の扉もあったけど、最後の鍵がまだ手に入ってないしね…。


バンデルフォン地方の高台には、ヌルスケの墓が!?
と期待したけど、なかった('A`)
また後でじっくり探すわー(´・ω・`)

f:id:hukusyu:20170811171507j:plain

代わりに、枯れてしまった大樹の苗木が。
きっと別なイベントで登場するのでしょう。


天空の古戦場へ。

f:id:hukusyu:20170811171508j:plain

勇者のつるぎの材料が眠る場所。
きっと、あの鉱石…
オリハルコンが、あるはずっ!(`・ω・´)

神の民の里の太陽の神殿でもらった聖なる種火で火を灯し、悪しき霧をはらって先へと進みます。

f:id:hukusyu:20170811171509j:plain

ギャ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!


f:id:hukusyu:20170811171510j:plain

こんなところこんな風に渡って、落ちたら死ぬっつうのw


f:id:hukusyu:20170811171511j:plain

なぜこんな場所にまでぱふぱふ娘がwww
アナタ何者なんですか!?(゚Д゚;)

縛りすぎたかな…
きつくない?

f:id:hukusyu:20170811171512j:plain

こっ、これは…(;゚д゚)ゴクリ…

3!2!1!
バンジー!!

f:id:hukusyu:20170811171513j:plain

なるほどw


DQ10のバンジーは、テンションアップ効果がありましたが。
このバンジーは…特に目に見える効果はないようですね。
その後のゾーン突入率などに影響があるのかどうか、不明ですが。

f:id:hukusyu:20170811171514j:plain

古戦場の一番奥地に行ってみたら、最後の鍵で開ける扉があるだけで…。
でもまだ、最後の鍵を手に入れていない!(>_<)
何だろー、どこかもっと他に、先に行くべき場所があったのか。

ということで、一旦このダンジョンを諦め、他の地を巡ることに。
(長く果てしなく、敵もなかなか強いダンジョンで、心が折れます…('A`)


勇者の星が落ちてくる、という危機に見舞われているサマディーへ。

f:id:hukusyu:20170811171515j:plain

皆が避難する中、ファーリスだけは果敢にも、勇者の星に刻まれた文字を解読してみせる!とヤル気満々。


ロウがサマディー王に、勇者の星について尋ねると…

f:id:hukusyu:20170811171516j:plain

文字を調べるためにバクラバ砂丘へ向かったファーリスの後を追う。


f:id:hukusyu:20170811171517j:plain

f:id:hukusyu:20170811171518j:plain

古代文字が読めるロウに解読してもらうことに。

砂丘の中心にある遺跡へと向かう。

f:id:hukusyu:20170811171519j:plain

大の字になる王子w

面白れーな、コイツはほんとw

f:id:hukusyu:20170811171520j:plain

ファーリス「さあ…?じいちゃんのじいちゃんの、そのまたじいちゃんの時代からあるらしいけど、詳しくは知らないなあ。」


とそこへ、ショコタンにしか見えない謎の生き物が…。

f:id:hukusyu:20170811171521j:plain

以前、サマディー王国に立ち寄った時にもショコタンだけが目撃していたこの生き物。
生き物は、遺跡の中心へと歩いていく。


ロウ「ふむ…確かに星には何やら文字が書いてあるようじゃな。早速調査を始めるか。」


ショコタンが、謎の生き物に話しかけると…

f:id:hukusyu:20170811171522j:plain

f:id:hukusyu:20170811171523j:plain

f:id:hukusyu:20170811171524j:plain


生き物が星へ手を伸ばすと、怪しい光が放たれ…

f:id:hukusyu:20170811171525j:plain

グレイグ「見ろっ!!星がっ!」


f:id:hukusyu:20170811171526j:plain

急降下を始める勇者の星。

そこへ…

f:id:hukusyu:20170811171527j:plain

グレイグ「ロウ様!ここにいては危険です!早くこの場を離れましょう!」

ロウ「まっ待て!もう少しじゃ!もう少しであの文字が読める!」



ロウ「ニ…ズ…ゼ…ル…」

f:id:hukusyu:20170811171528j:plain

ファ?( 'ω')


グレイグ「ロウ様!もう限界です!さあ早くこちらへ!」

その時。

f:id:hukusyu:20170811171530j:plain

魔王の剣を持った何者かが、勇者の星へと…

おお!?Σ(・ω・ノ)ノ
このたたずまい…そしてこのビジュアルは…もしや…。

f:id:hukusyu:20170811171529j:plain

f:id:hukusyu:20170811171531j:plain

星を一刀両断。


f:id:hukusyu:20170811171532j:plain

ロウ「あれは…魔王の剣?」


星が…消えてしまった…。
あの星は本当に勇者の星だったのか?
それに、あの剣を持った魔物は一体?

f:id:hukusyu:20170811171533j:plain

f:id:hukusyu:20170811171534j:plain

サマディー王にニズゼルファについて聞いてみることに。


f:id:hukusyu:20170811171535j:plain

星が消えてしまい、遺跡の中央でうなだれる謎の生き物…。


f:id:hukusyu:20170811171536j:plain

ニズゼルファについては何も知らないというサマディー王。

ローシュが持っていたハンマーについても聞いてみる。

f:id:hukusyu:20170811171537j:plain

ここにあるらしい。


f:id:hukusyu:20170811171538j:plain

サマディー王「バッ、バカもん!黙っておれ!」

王様よ…w

f:id:hukusyu:20170811171539j:plain

冒険ガイドに「鉱石とハンマーを手に入れ鍛冶場へ向かおう!」と書かれていたので、やはり鍛冶場へ行く前に鉱石を手に入れるべきなんだなこれは…と、再び天空の古戦場へ。

先ほど見落としていたルートがあり、進んでみると…

f:id:hukusyu:20170811171540j:plain

あった!
「秘石の眠る地へ」ってちゃんと書いてあった\(^o^)/


f:id:hukusyu:20170811171541j:plain

f:id:hukusyu:20170811171542j:plain

f:id:hukusyu:20170811171543j:plain

デタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


f:id:hukusyu:20170811171544j:plain


次はホムラの里の鍛冶場です。


…とここで、ようやくバニーガールの素材が揃ったので、

f:id:hukusyu:20170811171545j:plain

長らく指をくわえて待っていたこのオッサンのもとへお届けw

もう二度と着ることもないだろう、この衣装もw


ホムラの里へ行ってみると、大切な儀式を執り行う場所への道が化け物によって封鎖され、困っている様子。

f:id:hukusyu:20170811171546j:plain

ホムラの里を治めるヤヤク様。
息子のハリマを火竜退治で失っている。

f:id:hukusyu:20170811171547j:plain

引き受けないと話が進まないからね!
ええよ!

ヒノノギ火山の山道へ。


「立ち去れ…。立ち去れぇ~。」

f:id:hukusyu:20170811171548j:plain

f:id:hukusyu:20170811171549j:plain

なんか様子がおかしい。


「…にいちゃん。この人達全然逃げないよ。どうしよう?」

「ばかっ、しゃべっちゃダメだろ!怖がって逃げてくように、ちゃんと化け物になりきるんだよっ!!」

中の人などいない!( ゚д゚ )

f:id:hukusyu:20170811171550j:plain

テバとサキの兄妹。

儀式を止めないと大変なコトになるんだよ!
ということで、話を聞いてみると。

f:id:hukusyu:20170811171551j:plain

里を守るため捧げ物を絶やさぬようにと、人間をいけにえに捧げると宣言したヤヤク。
いけにえにふさわしい者として、2人の母親が選ばれたのだと言う。

f:id:hukusyu:20170811171552j:plain

f:id:hukusyu:20170811171553j:plain

立ち入りを禁じられた火山に一人登るヤヤクの姿を目撃した、2人の母親。
そのことをヤヤクに話すと、まるで口止めするかのようにいけにえに選ばれてしまったという。


火山の内部へ。

のわーーーーーはぐれメタルが歩いてる!!(゚Д゚)
といきり立って、全力でぶつかりに行ったら、

f:id:hukusyu:20170811171554j:plain

なんぞこれ…('A`)

紛らわしいんだよっ!(´Д`;)


f:id:hukusyu:20170811171555j:plain

行き止まりで引き返そうとすると、地面の下から声が…。


f:id:hukusyu:20170811171556j:plain

あ、あれはっ…!
人食い火竜だあっ!!

グレイグ「しかし火竜はヤヤク殿が倒したはずではなかったのか!?」

f:id:hukusyu:20170811171557j:plain


里へ真実を報告に。

f:id:hukusyu:20170811171558j:plain

ヤヤク「貴様、まさか、ヒノノギ火山に入ったのか!?化け物がいるのにどうやって…。」

テバ「もう化け物なんて出ないよ!だって、このおいらだったんだから!」


ヤヤク「貴様…分かっているのか!?儀式をせねば火の神の怒りに触れ、里は火の海になるのだぞ!」

テバ「うるさい、この嘘つき!今まで英雄ぶって里の人たちをだましてたくせに!」

「火竜との戦いであんただけ助かったのも…」

f:id:hukusyu:20170811171559j:plain


ヤヤク「黙れぇっ!!」

f:id:hukusyu:20170811171600j:plain

おっと…ヒミコとやまたのおろち、再来か!?


ヤヤク「小僧…よくも邪魔してくれたな!」

f:id:hukusyu:20170811171601j:plain

f:id:hukusyu:20170811171602j:plain


その時…里に、火竜の声が。

f:id:hukusyu:20170811171603j:plain

f:id:hukusyu:20170811171604j:plain

矢を打ち込まれ、ますます怒る火竜。


f:id:hukusyu:20170811171605j:plain

里の者の攻撃を止めに入るヤヤク…


ヤヤク「分かっているわ、お腹が空いているのね。さあ、この私を…。」

f:id:hukusyu:20170811171606j:plain


「おのれっ!ヤヤク様のカタキ…!」

f:id:hukusyu:20170811171607j:plain

火竜を成敗するショコタン達。
火竜は火山の方へと帰って行った。

なぜヤヤクが火竜を必死にかばったのか確かめるため、山門の鍵をもらいにヤヤクの社の侍女のもとへ。


ヤヤクさまになぜこのような試練をお与えに…?
と、火の神に嘆く侍女。

f:id:hukusyu:20170811171608j:plain

ヤヤクの手記を受け取る。


人食い火竜を退治した時のこと。
火竜が噴き上げた黒い瘴気を浴びてしまったハリマ。
ヤヤクが里に連れ帰り看病したが…

f:id:hukusyu:20170811171609j:plain

里の者に殺されてしまうことを恐れ、火竜との戦いで死んだこととし、火山にハリマを隠すことにした。
元の姿に戻すには、真実の姿をうつすというやたの鏡が必要であると分かったが、いくら火竜をうつしても反応がなかった。
真の使い方が分かる日まで、肌身離さず鏡を持つことにしたヤヤク。

いつしかハリマは人肉を欲するようになり、里からいけにえを出すしかなくなってしまった。
どうしても、かわいい息子を見殺しにできないヤヤク…。
やたの鏡の使い方さえ分かれば…。

f:id:hukusyu:20170811171610j:plain

f:id:hukusyu:20170811171611j:plain

火山へ、火竜退治に。

火竜を倒すと…

f:id:hukusyu:20170811171612j:plain

f:id:hukusyu:20170811171613j:plain


やたの鏡の力で、火竜の中からハリマの姿が…。

f:id:hukusyu:20170811171614j:plain

ハリマ「呪いのチカラはとても強く、外からやたの鏡を照らしてもその光は届かなかった。だが…」

「そなたたちが火竜を弱らせてくれたおかげで、体内にあった鏡のチカラが発揮されたのだ。」

なぜ体内に鏡があったのか、と不思議がるハリマ。
答えられず、うつむくだけのショコタン達…。

f:id:hukusyu:20170811171615j:plain

f:id:hukusyu:20170811171616j:plain

消えてしまうハリマの姿。


里に戻ると、主導者を失い混乱する者たち。

f:id:hukusyu:20170811171617j:plain

f:id:hukusyu:20170811171618j:plain

f:id:hukusyu:20170811171619j:plain

f:id:hukusyu:20170811171620j:plain

ヤヤクとハリマの秘密は皆には言わないことにするよ、
2人はずっとこの里の英雄さ。
とテバ。
頼もしいですね。
将来この里を背負って立つ人間になることでしょう。


ヤヤクの社の侍女に、鍛冶場について尋ねる。

f:id:hukusyu:20170811171621j:plain



f:id:hukusyu:20170811171622j:plain

f:id:hukusyu:20170811171623j:plain


炎をくべると、溶岩が盛り上がり…

f:id:hukusyu:20170811171624j:plain

伝説の鍛冶場が!


f:id:hukusyu:20170811171625j:plain

f:id:hukusyu:20170811171626j:plain


仲間一人一人が、それぞれの思いを込め…

f:id:hukusyu:20170811171627j:plain

f:id:hukusyu:20170811171628j:plain

f:id:hukusyu:20170811171629j:plain

f:id:hukusyu:20170811171630j:plain


完成した、新しい勇者のつるぎ!!

f:id:hukusyu:20170811171631j:plain

f:id:hukusyu:20170811171632j:plain

f:id:hukusyu:20170811171633j:plain


f:id:hukusyu:20170811171634j:plain

おおーーー、なんとこれは…(゚Д゚)

ロト剣と天空剣の合体技か!


ロト剣の形のままの方が好きですけどね、私は個人的にf(^^;
余計な装飾が施されていない、あのスラッと細身の刀身がカッコイイと思いますが(´ω`*)

f:id:hukusyu:20170811171635j:plain

f:id:hukusyu:20170811171636j:plain


そして、クエストの方も少しずつ。

f:id:hukusyu:20170811171637j:plain

クイズの1問目は解けた\(^o^)/
2問目も、答えは分かったのだが…鍛冶の素材が足らないw
まぁまた、いずれ…。


f:id:hukusyu:20170811171638j:plain

キラーマシン転生は、5回目ほどの戦闘で出たー(>_<)



最終ステータス

f:id:hukusyu:20170811171639j:plain


今回のおさらいと、次の目的地

f:id:hukusyu:20170811171640j:plain

f:id:hukusyu:20170811171641j:plain

f:id:hukusyu:20170811171642j:plain

f:id:hukusyu:20170811171643j:plain

f:id:hukusyu:20170811171644j:plain

f:id:hukusyu:20170811171645j:plain

DQ11冒険誌 2017/08/11 -1

本ブログこちら↓

pessimist.hatenablog.com



2017/08/11 14:12現在の記録

Lv    … 42→51
プレイ時間… 59:59

うち、今回ここまで
※プレイ時間が長いため分けます。

移動   … クレイモラン →シケスビア雪原 →聖地ラムダ →勇者の峰 →神の民の里



聖地ラムダを目指し、シケスビア雪原を旅する一行。

すると…

f:id:hukusyu:20170811151922j:plain

おっ!
これはもしや、湖で凍っていたあのドラゴン…!?

湖の氷が砕かれ、長い封印から解き放たれたネドラさんだそうです。
ショコタン達の命を我が糧としてやろう!だそうです(^^;

…………

勝利\(^o^)/!


この強さ…はるか昔にあいまみえた勇者ローシュを思い出すわ…。
と思い出に浸るネドラさん。

危険なブレスを吐き出し、

f:id:hukusyu:20170811151923j:plain

身体が動かない!!


その時。

f:id:hukusyu:20170811151924j:plain

聴こえてくる、あの竪琴のメロディー…。


f:id:hukusyu:20170811151925j:plain

魔竜ネドラ「ギィヤアァァアアァァァァッ!!」


f:id:hukusyu:20170811151926j:plain

セーニャ復帰!(∩´∀`)∩


今までどこでどうしていたの?
と尋ねると、ずっと一人で災いで苦しむ人々を助けながら、聖地ラムダを目指していたのだと言う。

神の乗り物の手掛かりを求めて、セーニャも加えたメンバーで聖地ラムダへ。


ラムダでは、ベロニカとセーニャの両親が双子を想い泣いていた。

f:id:hukusyu:20170811151927j:plain

長老「セーニャ!ベロニカは…ベロニカはどうした?一緒ではなかったのか!?」


f:id:hukusyu:20170811151928j:plain

…いえ、やはりお姉さまはこの近くにいるはずですわ。
北の方から懐かしい気配を感じます。


ラムダのそばの静寂の森へ。

セーニャ「ここは子供の時から私とお姉さまがよく一緒に遊んでいた場所なんです。」

ここにいると思ったのですが…。

f:id:hukusyu:20170811151929j:plain

!!


f:id:hukusyu:20170811151930j:plain

…お姉さま、どうしてしまったの?


f:id:hukusyu:20170811151931j:plain

ショコタンの手のアザが、ベロニカの杖に反応。

セーニャ「ショコタン様、お願いです。こちらの杖に触れてみてください。もしかしたら…。」


あの時の情景がよみがえる…。

f:id:hukusyu:20170811151932j:plain

f:id:hukusyu:20170811151933j:plain

f:id:hukusyu:20170811151934j:plain

f:id:hukusyu:20170811151935j:plain

f:id:hukusyu:20170811151936j:plain

ベロニカ「セーニャ…。またいつか同じ葉のもとに生まれましょう。ショコタンのこと…頼んだわよ。」


セーニャ「お姉さま…。私達を助けるために…。」

f:id:hukusyu:20170811151937j:plain

セーニャがベロニカに触れると、その姿は光となり、散って消えてしまった…。


シルビア「ベロニカちゃん…。アナタ最期のチカラを振り絞ってアタシたちのことを…。」


セーニャ「お姉さまはもういない。…どこにもいないのですね。」

これがお姉さまの選んだことなら…
私はすべてを受け止めます。

f:id:hukusyu:20170811151938j:plain

ラムダの里にベロニカの死が伝えられ、葬儀が行われることに。


f:id:hukusyu:20170811151939j:plain

f:id:hukusyu:20170811151940j:plain

ヤバイ泣ける…(ノД`)・゜・。


長老に呼ばれ、大聖堂へ。

ファナード「皆様はもしかすると、神の乗り物を求めてこの地へいらしたのではないですか?」

先日、大樹の神託と思われる夢を見た、という長老。
ショコタンとセーニャが白く大きなものに乗り、空に浮かぶ不思議な島に降り立っていたと言う。

f:id:hukusyu:20170811151941j:plain


夢のその光景は、長老にある神話の一説を思い出させた。

f:id:hukusyu:20170811151942j:plain

里中の古文書をひっくり返しケトスについて調べております、何か分かったらご報告いたしましょう、と長老。


宿で休むショコタンが目を覚ますと、あのメロディーが…

f:id:hukusyu:20170811151943j:plain

f:id:hukusyu:20170811151944j:plain

この歌はいにしえから伝わる悲しき恋の歌…。
死に別れた恋人をいとおしむもの。
とセーニャ。


「大樹が落ちたあの日からずっと…。私には心残りに思っていたことがあるのです。」


あの日の夜…。


セーニャ「…ねえ、お姉さま」

私とお姉さまはきっと、芽吹く時も散る時も同じですよね?

セーニャはいつもグズだから、どうかしら。

…でも、そうだといいわね。

f:id:hukusyu:20170811151945j:plain

f:id:hukusyu:20170811151946j:plain

セーニャ「私はずっと後悔していました…。あの時約束していれば、お姉さまも安心して天に召されたのではないかと…。」

「お姉さまの言う通り、私はグズだったんです。言葉や呪文を覚えるのも、道を歩くのも、何もかもお姉さまより遅れていた…。」

「ですが、まさかこんな時にまで先に行かれてしまうなんて…。」

そして…

f:id:hukusyu:20170811151947j:plain



f:id:hukusyu:20170811151948j:plain

f:id:hukusyu:20170811151949j:plain

髪を切り取るセーニャ。


f:id:hukusyu:20170811151950j:plain

「もう…涙は見せません。」


f:id:hukusyu:20170811151951j:plain

f:id:hukusyu:20170811151952j:plain

セーニャ「このチカラはもしかして…?」

ベロニカの能力がすべてセーニャに引き継がれた。

「ありがとう…お姉さま。」


翌朝。

ファナード「この場所は勇者の峰…。かつて勇者様が邪悪の神と戦った後に空から舞い降りてきた地だと言われております。」

f:id:hukusyu:20170811151953j:plain

f:id:hukusyu:20170811151954j:plain

賢者セニカが邪神を討った後に聖地ラムダに立ち寄り置いていったという笛。
お守りとしてベロニカに持たせていたが、今朝目を覚ました長老の枕元に置かれていたのだという。

ファナード「もしかしたらこの笛が私達に道を示してくれるかもしれん。」

セーニャよ…さあ吹いてみなさい。

f:id:hukusyu:20170811151955j:plain

ですが、お姉さまが夢の中で吹いていたなら必ず何か意味があるはず。
これはショコタン様がお持ちください。

ショコタンが手にすると、光り出す笛…

f:id:hukusyu:20170811151956j:plain

笛が伸び、その先からは釣り針が…


f:id:hukusyu:20170811151957j:plain

f:id:hukusyu:20170811151959j:plain

勇者の峰から釣り糸を垂らすショコタンw


f:id:hukusyu:20170811151958j:plain

空飛ぶ…魚…。
いや、あれは…

f:id:hukusyu:20170811152001j:plain

クジラ!Σ(゚Д゚)


おお…神話は本当だった。
あれこそ、私が夢で見たもの…。

神の乗り物、ケトス…!!

f:id:hukusyu:20170811152000j:plain

天空のフルートを吹けば、いつでもケトスが現れるという。


世界のどこかにある天空に浮かぶ島を探すのです、そこに闇を打ちはらう新たなチカラがあるはず、と長老。

f:id:hukusyu:20170811152002j:plain

禍々しい雲に覆われた天空魔城。
しかし、闇のオーラで今は近付けない…。

降り立ったのは、小さな島。

f:id:hukusyu:20170811152017j:plain

ドラゴンボールじゃねえかこれwww


f:id:hukusyu:20170811152004j:plain

宮殿の形もドラゴンボール風味(^^;


f:id:hukusyu:20170811152003j:plain

建物の中へ向かうと…


f:id:hukusyu:20170811152005j:plain

ふーん、なるほど…
兄ちゃんがそうなのか…。

f:id:hukusyu:20170811152006j:plain

ミスターポポか!w


ロトゼタシア創世の時代から世界を見守ってきた天空の住人さ、と神の民。

魔王軍に襲われ、神の民が暮らす浮島をほとんど地上に落とされてしまい。
「オイラは生き残った最後の神の民なのさ。」

なぜこの場所だけ無事だったのかを尋ねると、

f:id:hukusyu:20170811152007j:plain

聖なる種火の加護に守られて助かったのだそうな。


魔王の闇を打ちはらうチカラについて聞くと、

f:id:hukusyu:20170811152008j:plain

知らないんじゃ仕方ない。
せっかく来たんだから、その聖なる種火を調べてみよう。
ということで、聖なる炎の間へ。

ショコタンのアザが反応し、手をかざすと…

f:id:hukusyu:20170811152009j:plain

f:id:hukusyu:20170811152010j:plain


神殿に祀られた3本の苗木から、命の大樹に似た不思議なチカラを感じる…とセーニャ。

f:id:hukusyu:20170811152011j:plain


ショコタンが苗木を調べると、映し出される過去の記憶…。

f:id:hukusyu:20170811152012j:plain

f:id:hukusyu:20170811152013j:plain

…ちょっと待って。今気付いたんだけど。(プレイしている時は気付かなかった)
この、魔法使いが持ってる杖って…!!

ルノーガの杖と同じではないのか!?
ローシュの仲間のウラノスが、ウルノーガになったのか!?(言われてみれば名前も似てる…(゚Д゚;)

f:id:hukusyu:20170811152014j:plain

f:id:hukusyu:20170811152015j:plain

顔も似てるな!(゚Д゚;)


マルティナ「先代の勇者たちは何かの鉱石を集めて特殊なハンマーを使い、剣を打っていた…。」

…もしかして、かつて勇者のつるぎが作られた時の光景なんじゃないかしら?


セーニャ「つまりそれこそが私達が求めるべき闇を打ちはらうチカラなのですね。」


カミュ「先代勇者が作った勇者のつるぎは今や魔王の手の中だ…だがまだ手はあるぜ!」

f:id:hukusyu:20170811152016j:plain

鉱石を採掘していたのは天空の浮島。

ハンマーを手に入れていた砂漠はサマディー地方。

剣を打っていた山は、ホムラの里から見える火山。


神の民にヒントを聞き、鉱石が眠るのは「天空の古戦場」という場所であることが判明。

勇者のつるぎを作る材料を探す旅の始まりです。